一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 先日、漏水の改修工事に行ってきました。

少し前に「どうも漏水しているようなので、見てほしい」と連絡があり
点検に行ってきました。 まず、水道設備機器からの水漏れがないか
確認したところ、どこからも出ている様子はありませんでした。

当社では、埋設配管の漏水を探すことができないので、業者に委託し
漏水個所を断定してもらい、どうやら給湯器辺りで、音がするということで
盤面を割ってみることにしました。


施工前
地面に耳をすませると、かすかにシューと音が聞こえていました。


掘り下げていくと、そんなに深くないところから銅管が出てきてそこから
水が出ていました。
この銅管は基礎の立ち上がりの際に敷設されており、切断するに持ち上がらなかった
ので、どうにか配管が動く程度まで開口を広げました。




どうにか漏水個所の改修完了


保温


埋戻し

これで漏水が止まりました。・・・・・・・・・・・はずが、・・・・・・・

確かに給湯器の止水栓を止めている間は、ピタッと止まっていました
でも今は、じわぁ〜とゆっくり回っています。

すると、また給湯器辺りで音が聞こえます。 点検してみると、給湯器の
安全弁から水が出ているではありませんか、この前は確実に出ていなかったのに・・・・
念のためもう一度この止水栓を閉じるとやっぱり止まります。

どういらっても安全弁からの水漏れは止まらなかったので、お客様にこの事を
お伝えし、給湯器の減圧弁と安全弁の交換をすることとなりました。

                                             つづく


 今日は、漏水の修理と温水器の水漏れの修理に行ってきました。

ここのお宅では、住宅の水道を井戸で引いておられ、井戸のポンプが

しきりに回っているのでどこかで漏れているのでは?と、点検をすると

台所の床下より「シュー」と音が・・・・・・

床下収納庫より入り、点検してみると・・・



銅管に穴が開いて水が噴き出していました。


穴のあいているところを切断し、新しい銅管と接続


ハンダ付けをして通水

水漏れは止まりました。


保温材を巻いて完了

其の2

温水器の安全弁から少量の水が常時出ていました。


安全弁   施工前


減圧弁 施工前

この2つを取り替えます。


安全弁取り外し


減圧弁取り外し
タンクの水をすべて抜いてしまう必要があります。


減圧弁を取り付け、保温をして修理完了

安全弁からの水漏れは「ぴたっ」と、止まりました。

 今日は朝起きてびっくり!!
辺り一面真っ白。 雪が降っていました。

さてさて、先日漏水の改修工事に行ってきました。

どうも床下からシューシューと音がしているらしく、とりあえず大工さんに
床をめくってもらいました。

今は、ここは部屋になっていて、昔は手洗いか何かあったみたいです。
水道はキャップがしてありましたが、タイルから上がってきたところで急激に曲げてあり
そこから勢いよく水が噴き出していました。


改修前


タイルを割り、パイプがまっすぐのところで切断


キャップをして完了。
メーターで確認して漏水が止まりました。


床を貼り直してもらい工事完了

 今日は、とってもいいお天気でしたね。

明日は、春の嵐だとか・・・・・・・・・・

さて、先日、洗面台の混合水栓を取替えに行ってきました。

水も湯も、きっちり止まらないと言う事で一度コマパッキンを取替えて

みたものの、やはりポタポタと蛇口から落ちる為、交換することになりました。


施工前
2ハンドルの混合水栓→シングルレバーのタイプに交換です。


施行中
キャビネットの中に止水栓があるので、湯水共止て、キャビネットの中に頭を突っ込み
混合栓の取外し


もともと、湯水共銅管で接続されていたのですが、新しい混合栓にすると、
微妙に長さが足りなくなり、フレキで接続をしました。


完成
やっぱりシングルレバーは「使い勝手が良い」と喜んでいただけました。



 こんにちわ。

先日、漏水の改修に行った時の事です。

そこで僕は??な体験をしました。


少し前にお客様から電話があり「どうも漏水している様なのでみてほしい」

ということでしたので、行ってきました。

「お客様宅に到着し、話を伺うと、住宅から少し離れたところに倉庫があり、

おそらくそこに行っている配管から漏水しているのでは・・・」というこでした。

水道メーターを見てみると、クルクルと勢いよく回っていました。

道路を挟んで、何かのバルブがありました。



(この中にバルブがあります)

明らかに、水の流れる音がきこえてます。
家の方に伺うと、「おそらくこのバルブの配管が倉庫に繋がっていると思う」

という事でしたので、バルブを閉めてみました。

なかなか固くて閉まりませんでしたが、何とか閉めると、メーターもあまり
回らなくなり、ほぼここの配管で間違いないと判断し、もう倉庫では水道
は使わないとの事でしたので、このバルブで止めることにしました。

盤面を割り、土を掘り起こし、配管が出てきました。

どっちから入ってきているか分からないためメーターを止めさせてもらい
まず、バルブの右側を切断しました。 たまりの水が少し出てきました。

続いて、左側を切断しようと思い、少しノコを入れました、やはり、たまりの
水と思われる水が出てきました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なかなか止まりません。・・・・5分経っても勢いが収まらりません。
ひとまず、止水テープを巻き、水の勢いを弱めてました。

何か、違う配管を切った?
メーターの止水はできています。もしや、倉庫の方に行っているのは別の
配管で行っているのか?
少し、メーターのバルブを開けてみると、初めに切った右側の配管から水が
出てきます。


とにかく、住宅側から来ている配管にキャップをしました。
ゆっくり回っていたのも止まり、やはりこちら側の漏水で間違いないようです。

しかし、反対側の水は止まらず、少なくとも反対側から何か水源があり、そっちから
回って来ているしか考えられず、とにかく水が出ている状態では何もできず、
水道屋さんにお願いし来てもらいました。


断水器で止めてもらい、キャップを付けたMCユニオンをとりつけ、補修金具を
つけて、こちらの水漏れもひとまず完了。


とにかく、原因は不明で、結果としてお客様宅の漏水は止まりました。
おそらく何らかで、上水道の本管から別取出しでこの管に接続されているのでは・・
と言う推測でした。

 最近、朝晩めっきり涼しくなってきました。
昼間はまだまだ暑いですが、わたくしも上着を脱ぐ回数が減ってきたので、
大分すごしやすくなってきたのでしょう。

先日、「どうも漏水しているようなので見に来て下さい」と言う事で行ってきました。
写真はありませんが、台所の床下あたりから、水の噴き出る音が聞こえてます。
屋外に周りると、台所の基礎辺りが濡れています。

屋外の通気口からのぞくも、音は聞こえても、確認できません。 しかも、
床下に入れる所がない為、急きょ 大工さんに床下点検口をつけてもらうことにしました。


床下点検口取付け中

台所付近に点検口を作ってもらいました。
早速、潜ってみると・・・・・・


ものすごい勢いで水が噴き出ていました。


ここでは配管が床下に転がしてあったので、比較的簡単に直すことができました。

漏水個所がパイプの途中でしたので、MCユニオンを使って修理しました。


ギュギュっと締め込んで、水を送って、「漏れなし!」
修理完了




 先日、庭にある立水栓を外してほしいと依頼があり、本日
工事してきました。

ここのお宅では、庭に4つ立水栓があり、そのうち1つだけ
残して、あとは分岐してある所から切り離して、取り外して
ほしいとの事でした。


写真手前だけ残し、奥の水栓は取外し。


配管経路が分からなかったので、奥から掘って、分岐部を
見つけました。
すると・・・・


なんか水がでてきました。

数十分後には池になってしまいました。
粘土状の土でしたので、水が吐けずに溜まっていくいっぽうでした。

なにはともあれ・・・





他の場所も掘り当て、切り離しが終わりました。


残す予定の水栓も、途中で家の方が倉庫に「こんなんあったけど・・・」
と、もってこられたので、写真のポールに変更しました。


後は、埋め戻して完成

たまたま見つけた漏水改修工事でした。


先日、井戸のポンプを取り付けてきました。



井戸に板を並べてポンプを設置しました。
手前2枚は外せるようにしてあります。









水の取り出し口をちょっと高めにして欲しいとの
要望でしたので、アングルを突き出しして、パイプを
固定しました。







ここもなかなかアースの値が出なかったですが
なんとか500Ω以下になりました。
(ちゃんとELBがついてますので・・・・)






カバーを取り付けて完成です。



 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM