一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 新年あけましておめでとうございます。

長い休みも明け、今日から仕事始め、長いようできっと早い1年が始まりました。


去年の年末のオール電化工事の報告です。

まずは1日目電源工事


施工前


施行中
幹線の張り替えと引込開閉器の取付
既設分電盤までの幹線の張り替え


計器回り完成


IH・エコキュートのブレーカー増設


IHの配線


エコキュートの配線


エコキュート設置前


今のままでは、エコキュートのタンクが数センチ入らないため
ブロック基礎を割り、セメントで整地

2日目
セメントも固まったので本日エコキュートとIHの据付


タンクユニットも何とか収まり配管接続


HPも接続



エコキュート設置完了


続いてIH 取替前


施行中


取替完了

 先日、ボイラーの調子が悪いので見てほしいと連絡があり行ってきました。

現場に到着し、様子を見てみると点火時にものすごい黒煙が出て、エラーが

出て止まってしまってました。

ひとまずカバーを開け見てみると、点火動作に入った時に石油を送るポンプから

石油が漏れていました。 バーナーに送る量が減って燃焼不良が起きていると

思い、とにかくポンプの取替をしました。


タオルで受けないとべたべたになるくらいの量が漏れていました。


電磁ポンプ取外し


新旧ポンプ  右・・新


取替完了

取替後点火してみると、点火はするものの、今度は別のエラー表示が出て

メーカーに確認するとバーナー内部にススが溜まってないか?との事、確かに

点火中にススがでていましたので、バーナー部の掃除をしてみました。

掃除後、何度か運転をするもエラーで止まり、また部品交換かな?と、思っていると

正常に運転しだしました。 おそらく内部に残っていたススなどがエラーを出していて、

何回か運転するうちに排出されたりしたのではないかなとおもいます。


今では正常に運転しています。

 ある日、ボイラーあたりから水が漏れていると連絡があり見に行ってきました。

現場に到着し、点検すると確かにボイラー下部あたりが濡れています。

給水、給湯あたりに特に水漏れの形跡もありませんし、ボイラー内部での

水漏れもありませんでした。 排水関係を点検すると・・発見しました!!


チョット分かりにくいですが、内部の安全弁からチョロチョロと
水が出ており、そのホースが排水管に入っていたのですが、
チョットのことでそのホースが短く、排水管に入りきらず、その縁を
伝って、漏れ出していました。


右下が安全弁
念のため、今回は安全弁と減圧弁(中央)を取り換えることにしました。


部品取外し


取替完了

安全弁からのホースも長いものに取り換えて確実に排水管
に入れておきました。

 この日は、とっても冷え込んだ朝でした。・・・

お客様から電話があり、給湯の配管から水が漏っている、との依頼があり、

行ってきました。


断熱材の隙間から、いっかど多く水が出ており、断熱材を剥がすと
銅管がパックリ割れ、そこから漏れていました。


切外してみると、パックリ割れていました。


水漏れ箇所切り取り




トーチにてハンダ付


断熱材をまき直し完了。


帰社後、もう1件水漏れがありましたので、行ってみると


全自動洗濯機に繋いである水栓のパイプ部が割れていましたので、

この部分を交換しました。


交換完了

今日は、エコキュートの据付工事に行ってきました。


施工前
この位置にタンクを置き、サッシの向こうにHPを置く予定です。

まず、電源工事

分電盤には予備ブレーカーがありましたので、UBより天井裏に入り、
配線をしました。

配線状況


ボイラーを取外し、基礎の撤去


台所リモコンの取替


浴室リモコンの取替


配線・配管状況


接地抵抗値の確認
主幹に漏電ブレーカーが入っていましたので、300ΩでOKとしました。


タンクユニット取付


タンク上部の転倒防止金具の取付


HPユニット配線・配管接続完了

試運転を行い、沸き上げ確認をして工事完了

 

 こんばんわ

今日は、石油ボイラーのタンクの取替に行ってきました。

少し前に、お湯が出ないと言うことで見に行ったとき、

お湯自体は、配管の凍結で出なかったのですが、その時

タンクのストレーナー部分から石油が漏れていて、お家の方が

「もうだいぶん使っていて、外見上も錆びやらで傷んでるから

新しいのに替えて!」ということでした。


取替前


撤去後アンカー打設


据え付け状況


配管をつないで、試運転・・OK

 先日、電気温水器のヒーターの取替えに行ってきました。
ここでも、水質があまり良くないため数年おきに、ヒーターの
取替えに伺っています。


取替えるのはこのヒーター


メガテスターで測ってみました。


左が新しいヒーター


みごとにパックリ穴が開いていました。


取替え完了

 先日の石油ボイラーの漏水原因の部品が今日、入荷いたしましたので
修理に行ってまいりました。


取替部品はタンク部中央付近の所

ちょっとピンぼけしてますが、少しずつ漏れてます。

取替作業は、パッと抜いてポッと入れるだけでした。

取替後
ピタッと止まりました。

カバーを閉じて、運転確認。
修理完了です。

 こんにちは。
今日はホントにいい天気でした。めっちゃきれいな空でした。

今日は石油ボイラーの修理に伺いました。
症状は2日程前からリモコンで電源が入らないとのことでした。

お客様の家に着き、「フムフム、なるほどリモコンに何の表示も
出てないですな。」
外に出て、コンセントの電圧の確認・・・「コンセントは電気来てますなぁ」
給湯機のカバーを開けて、基板の電源の端子部での電圧測定・・・・
「・・・あれ?」、電圧出ません。
回路図を見てみる。・・・・・・
コンセントと基板の間に漏電遮断機があるように書いてありました。
ガサ・ゴソ どこに付いているか探す。・・・・・発見!

本体側面にありました。

どうやら、何かしらの影響で漏電遮断機が働いているようです。
案の定、そのまま電源投入してもすぐ切れてしまいました。
「さてはて、どこが悪いのかな?」

~中略〜
原因発見!

どうも、凍結防止ようのサーミスタが悪いようでした。・・・が、しかし・・・
これそのものの不良じゃなく、これの付いている上部より
「ポタ、ポタと水が落ちてきて、その水が端子部にかかり、漏電してました。


ちょっと分かりにくいですが、タンクの中ほどにちょいっと出てる所からの
漏水です。
これもサーミスターみたいですが、これもそのものが悪いわけでなく、パッキンが
ヘタッてきているものと思われます。

ひとまず応急処置をして、使ってもらえるようにして今日は帰りました。
至急、部品を手配して再度修理に行きたいと思います。

今回は、電気温水器のヒーターを取り替えに行ってきました。


ここのお客様の住んでおられる場所は、水質があまり良くなく、2年程前にも一度
ヒーターの取り換えをしたことがありました。


 
ヒーターの絶縁を測定してみると、やはり
絶縁不良をしていました。











取り外したヒーター(下)と
新しいヒーター(上)















ヒーターを取り外したところ












新しいヒーターを取り付けて
絶縁測定。














漏電ブレーカー投入。
沸き上げランプ点灯。

20〜30分後カランよりお湯が出る事を
確認して、取り換え作業終了。





お願いです!今回はもっと、もっと長持ち
してください。




PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM